ひらがな忍者 エピソード0

Posted on Posted in story

ニンジャくんは東京に住んでいます。父親はいません。ニンジャくんがおさないころに交通事故で死んでしまったのです。だから彼は母親に育てられました。

ニンジャくんは自分が忍者であることを知りません。ふつうの人だと思っています。彼は都内の大学に通っています。友達もガールフレンドもいます。平和に楽しい大学生活を過ごしていました。

ある日、ニンジャくんが家に帰ると、ふだん閉まっているはずの父親の部屋の鍵が開いていて中が少し見えます。気になったニンジャくんは、母親に入っていけないと言われていた父親の部屋に生まれてはじめて入ってみました。

部屋はうすぐらくて少し気味が悪いです。奥に本棚があります。そこには古い本がたくさん並んでいます。その中に古い巻物を見つけました! つづく。

makimono

Japanese textbook for Nihongo reading. 

Ninja kun lives in Tokyo. He has no father. His father died by car accident when he was a child. So he was raised by mother.

Ninja kun doesn’t know that he is a Ninja and think he is a ordinary person. He is a university student in the city. He has friends and a girl friend. He has enjoyed a campus life.

One day, when he come to home, Ninja kun found that the door of his father’s room opened.  His mother has warned him not to enter father’s room but he did for the first time.

The room is dark and scaring. There is a shelf. There are old books in it. And Ninja kun found an old scroll (makimono)! to be continued…


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *